スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

著名画家の曹勇氏、BTVに出演

曹勇氏の集い1 米ロサンゼルスを拠点に、国際的に活躍している中国人油絵画家・曹勇 (ツァオ・ヨン) 氏が、15日に放送される北京テレビ (BTV) の人気トーク番組 「華人紀事」 (華人記事) に出演する。
 
 曹勇氏は、1962年河南省生まれ。 河南師範大学芸術学部を卒業後、チベット大学に教師として赴任した。 チベットに滞在した7年間は、寺院や遺跡を訪ねては壁画、岩画をうつし取り、幻想的な宗教観を描いた一連のチベット・ネパール作品へと昇華させた。
 89年から5年間は日本へわたり、三重県の伊勢戦国時代村に巨大オブジェを制作するなど活躍。 94年から、米ニューヨークを経て、ロサンゼルスで暮らしている。

 代表作に、2001年9月11日米同時多発テロの残骸を目にして、インスピレーションを得て描いたという 自由 (Freedom)、それに、ロマンチシズムあふれる欧米風景画の 「地中海シリーズ」 「ベニスシリーズ」 「ハワイシリーズ」 など多数。
続きを読む >>

扇千景参院議長、胡錦涛主席と会談

 中国を訪問中の扇千景参議院議長一行 (4人) は17日午後、北京の人民大会堂で、胡錦涛国家主席と会談した。
 中国中央テレビ (CCTVが、同日の北京時間午後7時からのニュースで伝えた。

 それによると、胡錦涛主席は席上、安倍首相の先の中国公式訪問について 「(首相の) 初の中国訪問の成功は、中日関係に新しい1ページを開いた」 と高く評価。 その上で 「中国側は日本側とともに、双方が達成した重要なコンセンサスを着実に実行し、中日善隣友好協力関係の長期にわたる健全で安定した発展を推進したい」 と語った。

 これに対し、議長は 「日本は日中関係をたいへん重視している。 日本側は政治と経済の両輪で (中国側との) 交流・協力を拡大し、日中関係をさらに高いレベルに推し進める方針だ」 (要旨) などと語り、両国関係の一層の発展に期待をよせた。

 会談では、核実験実施を表明した北朝鮮問題など 「東北アジア情勢の問題」 についても意見交換されたもよう。 日本の一部の報道によれば、胡錦涛主席は北朝鮮の核実験について 「北朝鮮は我々の勧告を聞かなかった」 として、不服を表明したという。

胡錦涛主席、ブッシュ大統領と電話会談

 中国の胡錦涛国家主席は9日夜、ブッシュ米大統領と電話会談し、核実験強行した北朝鮮に対して、話し合いで解決を求めるべきだとする中国側の方針をあらためて強調した。
 中国各紙が10日付で伝えたほか、中国中央テレビ (CCTV)10日午前7時、正午、午後7時からの各ニュース番組 (いずれも北京時間) で、繰り返しトップニュース扱いで報道した。

 それによると、胡錦涛主席は、中国外交部が9日発表した声明をふまえて 「北朝鮮側に、情勢を悪化させるいかなる行動もとらないように求める」 と強調。 その上で、「各方面が冷静に対処し、対話交渉を通じた問題解決を堅持するよう望む。 (それによって北朝鮮の) 情勢がいっそう悪化するか、コントロールできなくなる動向を避けるのだ」 として、中国側の慎重な方針を、繰り返し伝えた。
 また、「中国側は一貫して、朝鮮半島の非核武装化を主張し、核拡散に反対している。 対話交渉により朝鮮半島の核問題を平和裏に解決し、朝鮮半島と東北アジアの平和と安全を守ると強調している。 この政策は変えることはできない」 と語った。

 ブッシュ大統領はこれに対し、「北朝鮮の核実験は、危険な道だ。 国際社会はここで断固として、冷静な公の声明を発表すべきだ」 と北朝鮮への圧力強化に含みをもたせた。
 一方、これを伝えた新華ネットは、「米側は、外交ルートを通じた核問題解決が可能だと認識しており、引きつづき中国側と連携していく」 とする対話路線の可能性も示唆した。
 米政府は9日、国連安全保障理事会に対し、北朝鮮に出入りする船舶の臨検や経済制裁などを盛り込んだ 「国連憲章7章」 に基づく北朝鮮制裁決議草案を示した。

※ 私事ながら9日夜、北京に戻りました (日本では、いろいろとお世話になりました)。 この間、安倍首相の中韓訪問、北朝鮮の核実験など国際情勢は急展開しています。 中国のある外交筋の友人いわく 「安倍首相の訪中は、いろんな意味でグッドタイミングだった。 中国内でも評価が高い。 北朝鮮の核問題についても、中日韓はもはや連携する以外にない」 と興奮気味に語っていました。

CCTV10 「緑色空間」、日本を紹介

 中国中央テレビ (CCTV) の科学・教育チャンネル 10ch) が、日本のかつての公害問題や、循環型社会の構築をテーマにした番組を放送している。
 この番組は、「緑色空間」。 番組スタッフらが今年4月、日本の九州四国などで取材し、まとめたもの。
 放送時間内容は次のとおり (北京時間、一部終了)。

 第1回 循環の啓示 (一) 熊本県水俣市水俣病問題について
     9月11日19:37〜 (20分間)  再放送 12日7:25〜、14:30〜
 第2回 循環の啓示 (二) 北九州環境保護へのとりくみについて
     9月12日19:37〜 (20分間)  再放送 13日7:25〜、14:30〜
 第3回 循環の啓示 (三) 徳島県上勝町の 「ゴミゼロ・バイオマス事業」 について
     9月13日19:37〜 (20分間)  再放送 14日7:25〜、14:30〜

 日本の公害問題と環境改善の歴史をふりかえるとともに、中国が直面する環境問題をいかに克服するか、考えさせられる内容となっている。

 (番組のお知らせは、在中国日本大使館広報文化センターから、いただきました)

CCTV10 「緑色空間」
※ 「ブログマラソン」、あなたの 1日1票コチラ から。

李長春常務委員、大江さんと会見

 中国共産党中央政治局の李長春常務委員は11日、北京の人民大会堂で、中国を訪問中のノーベル文学賞受賞作家大江健三郎さん会見した。 中国中央テレビ (CCTV) が同日午後7時 (日本時間・同8時) からのニュースで伝えた。

 それによると、李長春常務委員は、1960年に大江さんが日本文学家代表団で訪中したさい、毛沢東主席や周恩来首相、陳毅副首相ら中国の要人と会見したことを振りかえり、大江さんを 「中国人民の老朋友 (古い友だち) です」 と歓迎。 大江さんが長年にわたり世界平和を主張し、中日文化交流の促進にたゆまない努力を払ってきたことを高く評価した。
 その上で、「中日両国の人々は、互いを尊重した上で友好的につきあい、手を携えて地域と世界の平和維持に努めなければならない。 歴史をとして、未来に向かうことが重要だ」 と強調した。
 大江さんは 「日中両国には、長期にわたる友好往来の歴史がある。 先輩方が切り開かれた友好関係をいっそう大切にし、両国のとくに若い世代の友好交流を促進しなければならない」 と、それに応じた。
続きを読む >>

紀子さまの男児ご出産、CCTVが報道

 中国の国有放送・中国中央テレビ (CCTV) は6日正午のニュースで、秋篠宮妃紀子さまが同日午前8時27分、東京の愛育病院で男の子出産されたことを、論評なしで伝えた。
 ニュースは、出産準備のため8月中旬、お車で愛育病院に入る紀子さまの映像を放送。 男子皇族が、1965年に誕生された秋篠宮さま以来41年ぶりとなることを伝えた。

※ CCTVのニュース 「日本皇室に41年ぶりの男児誕生」
※ 新華社ニュース  「日本皇室についに男児誕生」

※ 「ブログマラソン」、あなたの 1日1票 コチラ から。

中国ドラマ 「越王勾践」、日本で放送へ

 中国中央テレビ (CCTV) の最新大河ドラマ 「越王勾践」(こうせん) が、日本のキー局で放送されることになりそうだ。 28日付の地元紙 『新京報』 などが伝えた。
 北京でこのほど開催された 「2006中国国際ラジオ映画テレビ博覧会」 で、関係者が明らかにしたところによると、「越王勾践」 の版権が日本側に 「天価」 (破格の値段) で売却された。 ドラマの吹き替え作業もすすんでおり、完成後には日本の主要テレビ局で放送されることになるという。

 ドラマは、古代中国の春秋時代を背景に、越の王・勾践と、隣国の呉王・夫差の攻防をえがいた全41話。 目的を果たすために苦労を重ねる 「臥薪嘗胆」 のことわざでもよく知られる。 脚本に4年、ロケに3カ月あまりの歳月を要した。 北京では4月に完成披露会が行われている。
 主役の勾践は、人気ドラマ 「大宅門」 「漢武大帝」 などで一世を風靡し、インスタントラーメンのCMでもおなじみの陳宝国、 対する夫差は、日中合作映画 「清涼寺の鐘」 で中国映画 〈金鶏賞〉 助演男優賞に輝いた尤勇がそれぞれ演じている。
 報道によれば、陳宝国はドラマの大半が 「奴隷」 となった勾践の役。 これまで以上に抑えた演技に挑戦し、屈辱をはらそうと努力する人物を演じきった。 陳宝国自身も、「最高の出来のひとつ」 と自信をみなぎらせているという。

 中国側の版権契約の関係者によると、「『越王勾践』 は、海外向けでは最高値で販売された中国ドラマ」 になった。 “天価” の後押しをうけて、 越王ブームが日本にも到来するか? 放送のときを楽しみにしたい。

※ 「ブログマラソン」も、あと1カ月ほどとなりました。 あなたの 1日1票コチラ から。

朝のニュースで参拝報道

 中国中央テレビ (CCTV) は、15日午前7時からのニュースで、小泉首相が同日午前6時45分 (日本時間・同7時45分) ごろ、東京・九段の靖国神社に参拝したことを繰り返し報道した。
 「日本国内外の反対があるにもかかわらず、小泉首相が靖国神社を参拝したことに強く抗議する」 という中国外交部 (外務省) の声明を発表。 モーニング姿で本殿に上がった首相の映像を流し、6年連続6回目の参拝を 「日本の投降 (終戦) 記念日」 としては初めて強行したことを、強く非難した。
 いっぽう、これを伝えた東京特派員の孫岩記者は、首相の靖国参拝に反対する日本の市民集会なども報告。 靖国参拝が日本国民の総意ではないとして、国内でも世論が分かれている靖国問題の現状について伝えた。

 中国各地で起こった昨年春の反日デモは、公安当局が抑制したにもかかわらず、コントロールのきかない騒動へと発展した。
 CCTVの今朝のニュースは、比較的バランスをとった報道であり、国内外に大きなダメージを与えた反日デモの 「轍を踏まない」 という、中国側の姿勢の表れとも受けとれる。

外交部の抗議声明全文 (新華ネット8月15日付)

“超女” 李宇春がHP開設

李宇春 中国テレビの人気オーディション番組 「超級女声」 (超女) でグランプリを獲得し、一躍スターダムにのし上がった李宇春 (リー・ユィチュン) の 公式HP がこのほど開設されて、注目を集めている。

 「李宇春官方音楽網站」 (李宇春公式ミュージックサイト) と、いささかごっつい名前ではあるが、首頁 (メーンページ) を開くと、李宇春のメッセージが入った新曲 「氷菊物語」 の一部が試聴できるほか、シングルやメロディーコールのネット販売 (試聴可)、最新情報、フォト、書き込み欄など、ファンにはたまらない充実したラインナップとなっている。 “会いたい時に、いつでも会える” といった、ネットの魅力を十分にいかしたサイトなのだ。

 李宇春は、四川省の省都、成都市出身の22歳。 中国版 「スター誕生」 ともいわれ、湖南衛星テレビが全国放送している 「超級女声」 で昨年夏に優勝し、一躍、国民的アイドルとなった。 そのボーイッシュ中性的な魅力で、多くの女性ファンの心をとらえ、テレビの歌番組やライブ、コマーシャルに出演するなど 八面六臂 (はちめんろっぴ) の大活躍! 中国のメディアで、この人を見ない日は ナイ ほどの人気なのだ (写真)。

 歌とダンスが抜群で、しかも個性的なルックスである。 彼女の大ブレイクのわけは、まさにアニメ世代に支えられた アニメ的キャラ にあるのではないかと睨んでいるのだが、さて、いかがなものだろう??
 今年の 「超女」 の行方とあわせ、李宇春の活躍には、まだまだ目が離せない。


※ おかげさまで、第5位に浮上! こうなったら乗りかかった船だっ、あなたの1日1票に期待しています!! 「ブログマラソン」、投票は コチラ から。
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM