<< 李長春常務委員、大江さんと会見 | main | “ハルキ” なぜ読まれるか NHKラジオで >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

CCTV10 「緑色空間」、日本を紹介

 中国中央テレビ (CCTV) の科学・教育チャンネル 10ch) が、日本のかつての公害問題や、循環型社会の構築をテーマにした番組を放送している。
 この番組は、「緑色空間」。 番組スタッフらが今年4月、日本の九州四国などで取材し、まとめたもの。
 放送時間内容は次のとおり (北京時間、一部終了)。

 第1回 循環の啓示 (一) 熊本県水俣市水俣病問題について
     9月11日19:37〜 (20分間)  再放送 12日7:25〜、14:30〜
 第2回 循環の啓示 (二) 北九州環境保護へのとりくみについて
     9月12日19:37〜 (20分間)  再放送 13日7:25〜、14:30〜
 第3回 循環の啓示 (三) 徳島県上勝町の 「ゴミゼロ・バイオマス事業」 について
     9月13日19:37〜 (20分間)  再放送 14日7:25〜、14:30〜

 日本の公害問題と環境改善の歴史をふりかえるとともに、中国が直面する環境問題をいかに克服するか、考えさせられる内容となっている。

 (番組のお知らせは、在中国日本大使館広報文化センターから、いただきました)

CCTV10 「緑色空間」
※ 「ブログマラソン」、あなたの 1日1票コチラ から。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 11:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
これ、昨夜見ましたよ。
ちょっと日本、よく描かれすぎ。それからほとんど日立の環境ビジネスのPR番組みたかった。ひとまずそれでもいいのかも知れないけど。

  • xiaomi
  • 2006/09/15 9:04 AM
xiaomiさん、コメントありがとうございます!
私も、第2回、第3回を見ましたよ。
番組に協力していたのは、日立さんだけではなかったと思いますが・・・。
それと、中国の現状と照らし合わせれば、日本の環境改善のとりくみについて、否定的に描くことはできないでしょうねえ。
どうもです。
多分、我々からすると「それは当然でしょ?」みたい話が中国では当然じゃないっていうのが前提にあって、私から見るとよく描かれすぎってことになるんでしょうね。

だから却って勉強になることがあります。すでに日本では取り立てて報道されないから、これって大したことなんだっていう新鮮な感覚。
  • xiaomi
  • 2006/09/15 11:25 AM
上勝町を紹介した番組もそうでしたけれど、
やはり日本はスゴイと思いますよ。
そして、それに注目し、学ぼうとしている中国も。
さいきん中国のテレビを見ていると、粉塵や排気ガスなどの空気汚染問題について、解明しようとする番組もあって、中国がいかに公害問題に関心をもっているかがわかります。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM