<< 「濃いメンバー」 の濃ゆ〜いひと時 | main | 「2006 日本映画週間」 が開幕 >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『北京で働く』 で紹介されました

『北京で働く』 北京在住のフリーランスライターで、友人の浅井裕理さんがこのほど、新著 『北京で働く』 (めこん) を出版されました。
 北京で働く日本人19人のインタビューと、外国人が北京で働くためのインフォメーションからなる 〈2部構成〉 になっています。 で、なんとこのワタクシも、北京で働く1人として紹介されたのです (キャーー、恥ずかしい)。

 インタビューのコーナーには、中国の映画やドラマで大活躍の俳優・矢野浩二さんをはじめ、日本語教師、アナウンサー、ホテルウーマン、スチュワーデス、設計士、歯科医、雑誌主宰、エステ経営、弁護士、レストラン経営など、じつにいろいろな職業の方が登場されます。
 そんな中で、このワタクシは一体なにものか、と申しますと、インタビューを受けたころに (2004年秋)、中国の国営雑誌社で翻訳・リライトを担当する日本人スタッフとして働いておりましたので、「翻訳者」 という肩書きになっています。 もちろん、今でも翻訳の仕事を細々とつづけておりますので、そういう意味では、お話したポイントがなんら変わるわけではありません。
 翻訳の分野でも、さらに腕に磨きをかけたいと思う今日このごろ。 本書に登場される方々の粘り強さや意気込みにうなずいたり、励まされたりしながら、ともすれば弱気になりがちなムチ打ったことでした。

 「なりたい自分になるために、今取るべき行動は何か。 はっきりとした目標があれば、北京でなにをすればいいかは自ずと明らかになるはずだ」 と浅井さん (本書より)。
 自分の歩みと、これからの道を見つめ直すうえでも、本書はきっと良いナビゲーターになるに違いありません。

※ 『北京で働く』 は、お近くの書店か、通販サイト 「アマゾン」 でお買い求めください。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 11:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
 おめでとうございます。さっそく本屋さんで見てみます。ますますのご活躍を。それにしても、前回の濃いメンバー、さぞや喧噪荷満ちていたことでしょう。6人の顔を見ていると、かまびすしさが伝わってきます。
  • とらやん
  • 2006/11/18 12:44 PM
 荷はにのまちがいです。すんません。
  • とらやん
  • 2006/11/18 12:48 PM
とらやん様、コメントありがとうございます!
宣伝していただけると、嬉しいです(笑)。
前回エントリーの濃いメンバー、ビールに焼肉にあのメンバーですから、一見すると近づきがたいものがありますよね〜!?
読んでみたいです。

今度貸して下さい!w
ダーシーさん、ありがとうございます!
では、また今度。
買っていただけると、一番ありがたいのですが(って、私は出版社の回しものではありませんが)。。。
拙著をご紹介いただいてありがとーございます。いまさらながら、マーケティングに力を入れる所存です。。。

ってか、借りないで、買ってください(笑)>だーしーさん。
yule(浅井です)さん、コメントどうもです。
こんど、できたらでいいのですが、中国(北京)での入手方法、公開してくださいね。よろしくですっ!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
江東区運転免許試験場
江東区運転免許試験場
  • 江東区運転免許試験場
  • 2007/06/07 4:19 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM