<< 「2006 日本映画週間」 が開幕 | main | 「小雪」 も過ぎて… >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

国産映画10元キャンペーン始まる

北京のシネコン 北京で開催中の 「日本映画週間」 の上映シアターには連日、多くの中国人客が集まり、日本映画を存分に楽しんでいるもようだ。
 20日は、中国電影資料館で上映された 山田洋次監督の時代劇 『隠し剣 鬼の爪』 (永瀬正敏、松たか子、2004年) を観に出かけたが、会場は水を打ったように静まりかえり、時折ドッと笑い声が上がったり、すすり泣く声が聞こえたりと、観客たちがスクリーンにぐいぐい引き込まれているようすがわかった。
 中国人客は字幕を追って観ているのだが、言葉や文化、時代背景はちがっても、人間として共感できるところがあるのだな、「いやあ、映画って本当にいいもんですね!」 なんて、映画評論家の水野晴郎さんの名文句をふいに思い出したワタクシでした。 ご覧になった方は、いかがだったでしょうか?

 さて、芸術の秋、映画の秋である。
 北京では、中国産の映画を格安10元 (1元は約15円) で見てもらおうとするキャンペーンが20日からはじまった。 その名も 「国産影片大超市」 (国産映画大スーパーマーケット)。
 映画産業大手の華夏電影発行有限責任公司と、北京新影聯院線有限公司の共催。
 北京の地元紙によると、12月5日までの半月間にかぎり、新影聯系列のシアターで、国産映画26本が毎回10元で見られるという。
 国産映画の製作本数は毎年、増えてはいるものの、国内の上映シアターに限りがあることなどから、市場に出回らないうちに 「お蔵入り」 になる作品も多い。 そのため、一般の人々に埋もれている良質な国産映画に接してもらい、中国の映画市場をさらに活性化しようというのがそのねらいだ。

 今回、上映される映画は、「円明園」 「看上去很美」 「東京大審判」(東京裁判)、「好奇害死猫」 など今年度の大作をはじめ 「蒼生大医」 「又見梅蘭芳」 「山里的女人」 「魯迅」 「初恋備忘録」 「上海倫巴」 などの全26本。
 上映シアターは、新世紀影院、新東安影城、首都時代影城、長虹影院、大華影院、紫光影城など24館。
 中国の映画チケット料金は、一般的に米ハリウッドの大作が50〜60元 (1回上映)、国産映画が30〜40元 (同)。 「日本映画週間」 の映画は、1回30元から50元 (2本立て) で売り出された。 10元という料金はバーゲンや海賊版DVDにならぶ安さで、今回の大放出キャンペーンは、映画ファンにはたまらないサービスとなりそうだ。

北京新影聯院線有限公司 オフィシャルサイト
※ 写真は本文とは関係ありません。 近所のシネコン、捜秀影城のチケット売り場です。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 14:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
 けっこうな試みでんなぁ。ずっと続けてほしいくらい。日本は入場料がばか高いです。 アメリカでも日本ほどは高くない。たくさんのいい映画を見て、また感想を書いてくださいね。楽しみにしています。
  • とらやん
  • 2006/11/21 4:26 PM
とらやん様、コメントありがとうございます。
10元といったら、こちらでは、ランチの出前弁当や吉野家の牛丼1杯と同じくらいでしょうか。日本でいえば500〜600円くらいの感覚? 確かに安い。ずっと続けるのは大変そうですが、たとえば、レディース・デイには半額の30元にするとか、もっとお客様サービスをしてほしいですねえ、これからも。
ちなみに、日本ではワタクシ、レディース・デイを活用しておりました(笑)。
知りませんでした!
行ってみまーす 情報ありがとうございましたー
  • sumi
  • 2006/11/22 12:48 AM
sumi さん、どうもです。
ご都合がつけば、ぜひどうぞ。なんてったって
10元ですから。
上映作品や時間については、事前にご確認くださいませね。
椿三十郎と明日の記憶へ行ってきました。
黒澤明監督の椿三十郎は時代モノとしてはかなりら笑いも含んでてみんな声を出して笑ってました。
明日の記憶は堤幸彦監督で渡辺健のアルツハイハー話。
これは家族愛や会社の同僚のやさしさですごーく泣けました(;;)
日本映画!熱いです!!
終演後に拍手が起こったのにびっくりしました。。
  • yucko.
  • 2006/11/23 2:20 AM
yucko. さん、ご感想、ありがとうございます!私も昨晩、中国電影資料館で上映された「椿三十郎」と「明日の記憶」を観ましたよ。会場ですれちがっていたかもしれませんね。
「椿三十郎」は観たことがあるので、途中から入りましたが、会場はほぼ満席。1962年に作られたサムライの話なのに、よくできた映画というのは、世界の人に共感してもらえるんだな〜とつくづく思いましたです。
「明日の記憶」はちょっと辛い映画でした。中国でも、60歳以上が人口の1割を占める高齢化社会を迎えています。身につまされる人も多かったのではないか、と思いました。
それとあのエンディングに沸き起こる拍手って、いい習慣ですよね。映画が大事にされていることがよくわかります。
いやあ〜、映画って本当にいいもんですね!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
黒澤明 監督作品一覧
”日本映画”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。日本が誇る世界的巨匠、黒澤明監督の映画作品を紹介します。
  • 黒澤明 監督映画 ~黒澤明 監督の映画を観直そう~
  • 2006/12/04 8:25 AM
無料PV「みんなひとり 」 松たか子
松たか子 「みんなひとり 」のPV 最新JPOPランキング 最新JPOP売れ...
  • 最新J☆POPレビュー
  • 2006/12/10 10:56 AM
おすすめ映画 『東京物語』
”日本映画”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。 戦後日本のありふれた家族の姿を通して、人生のわびしさと悲しさを描き綴った映画。全編を通して、ゆったりと自然に何気なく映し出されているんですが、何ともいえ
  • おすすめ映画 ~名作、感動、涙のおすすめ映画~
  • 2006/12/16 11:12 AM
中国と日本、人に迷惑をかけない。
 日本人は何故、報告や挨拶の方法をもって終わりとするのだろうか。理由の一つとして日本人が他人と係わるとき、可能な限り相手に迷惑をかけないように考えるからだと思われる。人から紹介された仕事先で当人の不真面目さのために解雇されたら、紹介してくれた人に合わ
  • 中国からみた中国と日本の違い
  • 2007/02/18 6:01 PM
アサヒビールキャンペーンガールの考察
アサヒビールキャンペーンでエンジョイビアライフのびあですー! アサヒビールのキャンペーンガールについての少し調べました!
  • ビールキャンペーンでエンジョイビアライフ
  • 2007/02/23 6:24 PM
武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付)
山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く、藤沢周平原作小説の映画化。役目のため失明した下級武士を支える妻と中間、そして一分を通すため復讐に挑む侍の姿を描く。主役の武士に木村拓哉。その妻に映画初出演の壇れいが扮し、新鮮な存在感を見せ
  • まずは小さな努力の積み重ねでガンバ!
  • 2007/03/11 1:08 PM
日本映画が勝った
邦画の萌芽アメリカ映画のドンパチにもうええ加減にしてそれが、日本映画に目を向けたんです恋愛映画での涙が失恋を癒す 恋の時々、わたしには映画がありました。 だから、その映画の題名を書くと私の年がすぐ分ってしまいます。 私自身の失恋と映画の関係は次回以降お
  • 日本映画が勝った
  • 2007/03/21 3:06 PM
中国と日本、人間関係の違い(娘も客)
 嫁ぎ先から実家に帰った娘に対して、日本人は「あなたは、今日お父さんの家にお客として来ているのだよ」と、中国人が聞けば驚くような言葉を、平然と口から出す。 中国人の多くはその言葉を受け入れられない。中国人の感覚では、娘が嫁ぎ先やその他から実家に帰るの
  • 中国から見た中国と日本の違い
  • 2007/03/21 3:29 PM
諏訪市旅館
諏訪市旅館の情報はここでチェック!!
  • 諏訪市旅館情報
  • 2007/05/25 4:04 PM
マロングラッセduee
マロングラッセduee
  • マロングラッセduee
  • 2007/06/05 10:19 AM
運転免許技能試験
運転免許技能試験
  • 運転免許技能試験
  • 2007/06/07 10:19 AM
バイク免許教習所
バイク免許教習所
  • バイク免許教習所
  • 2007/06/07 3:43 PM
「明日の記憶」(あしたのきおく)渡辺謙(わたなべけん、渡部健)樋口可南子(ひぐちかなこ、加奈子)
「明日の記憶」(あしたのきおく)渡辺謙(わたなべけん、渡部健)樋口可南子(ひぐちかなこ、加奈子)家庭も省みず仕事に生きる49歳、広告代理店のやり手営業マン、佐伯雅行(渡辺謙(わたなべけん、渡部健)。仕事においては大きなクライアントとの契約が決まり、...
  • 映画村
  • 2007/06/28 11:37 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM