<< 『中国語フィットネス14』 に コラム執筆 | main | 北京で、北海道オホーツクビールを >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

什刹海の三輪車、300台までに

 ドーハで開かれていた第15回アジア大会は15日、中国が金メダル165個、2位韓国が58個、3位日本が50個という成績で幕を閉じ、スポーツ大国の中国が圧倒的な強さを見せつけた。
 北京の地元紙によると、「花様遊泳」 (シンクロナイズドスイミング) の井村雅代・前日本代表ヘッドコーチが、中国チームのコーチに就任することが決まったという。 中国側は、「あくまでも外国人コーチの1人で、(就任期間も) 長期ではない」 と語るが、ドーハで初の金メダルに輝いた中国の花様遊泳。 今後、ますます目が離せなくなるだろう。

 さて、今日の話題はドーハではなく、三輪車
 市内中心部の湖・什刹海 (シーチャーハイ) の周辺を走る、名物の人力三輪車が来年、300台までに大幅に減らされるという。 地元紙などが伝えた。
 什刹海の周辺は、北京っ子たちの憩いの場。 胡同 (フートン) と呼ばれる昔ながらの街並みも残されている。 最近では、しゃれたレストランやバーが増え出し、トレンディな観光スポットとしても注目を集めている。
 この辺りをめぐる 「胡同遊」 (フートン観光) の人力三輪車は、観光客らの “人気者” だが、現有の三輪車はおよそ1000台。 管轄区である西城区がこのほど、「三輪車は観光用であり、交通用でなはい」 として、増えすぎた三輪車を削減することを明らかにした。
 西城区の調査によると、三輪車のこぎ手たちは、ほとんどが北京市民ではない流動人口だった。 同区は三輪車の削減による失業問題を解決し、「社会の安定を確保したい」 としているという。

 オリンピックを目前にひかえ、北京市はこれまでに 「五輪期間中に、地方からの出稼ぎ労働者を帰省させる」 方針を打ち出している。 「海外にマイナスの印象を与えたくない」 ということらしく、人力三輪車の削減も、あるいは方針の一環なのかもしれない。
 だが、観光客がかならずや激増するオリンピック期間である。 三輪車待ちの長蛇の列で、「什刹海のんびり遊覧コース」 なんていうのも、“高嶺の花” になるかもしれない。

※ 来年1月から 「北京メディアウオッチ」 に引っ越しします。 新設 「北京メディアウオッチ」 は こちら から。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 09:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
新林玉露
中国人女子研修生の両親が、故郷河南省新県でお茶栽培の仕事をしている。自営ではなく勤めているので、一年の半分は北京に出稼ぎに出ているそうだ。お茶のブランド銘は「新林玉露」手もみの緑茶で日本人の僕には大変なじみのある味で、当然素晴らしく美味しい。彼女(研
  • 中国茶と中国よもやま話
  • 2007/03/21 9:13 PM
変わる、什刹海
 来年夏の五輪を前に、北京は急ピッチで “お色直し” をしているようです。  初冬の寒さを思わせる1日、所用があって、市内中心部に広がる池の什刹海 (シーチャーハイ、前海、後海、西海) の辺りへと出かけました。  観光客がゆきかう水辺をぶらぶらと歩いて
  • 北京メディアウオッチ
  • 2007/11/07 1:04 AM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM