<< 文化ギャップをどう埋める? | main | 「北京メディアウオッチ」 に移転 >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

今年いちばんの大雪に

窓からの雪景色 30日、中国の華北、華中地方をおそった降雪。 乾燥した北京でも積雪2.75センチを記録し、今年いちばんの大雪となった。

 地元紙によるとこの日、北京市では初となる 「雪掃き条例」 が施行され、市民のべ10万人が雪掃きに精を出した。 市内海淀区では、雪掃きをしなかった違反企業に、北京では初となる罰金1000元 (1元は約15円) が科せられた。
 除雪車、融雪車はのべ1700回出動、融雪剤は合わせて約6000トンがまかれた。
 降雪の影響で、野菜も徐々に値上がりしている。 卸売価格でカリフラワー1キロ2元2.2元、キュウリ1キロ3元4.4元に値上げ。 野菜は平均3割高となった。
 転んでケガをした人も多く、市内の病院は骨折患者であふれかえった。 積水潭医院だけでも、30日午後4時までに転んでケガをした患者が62人にのぼったという。

 中国気象局がこのほど発表したところによると、2006年の全国の平均気温10度で、例年に比べ1度の上昇。 観測がはじまった1951年以来の最高気温を記録して、地球の温暖化を裏付けている。

 北京でも以前ほどが降らなくなったといわれる。 そのせいだろうか、ひとたび雪が降ると首都北京でも混乱をきたす。 これ以上、雪害がひどくならないように祈るばかりだ。
 現在、31日午前も雪が降りつづいている。 朝のテレビニュースでは、アナウンサーが 「瑞雪兆豊年」 (瑞雪は豊年のしるし) と話していた。 いい言葉だな、と思った。 ほこりっぽい北京の街も、うっすらと雪化粧して、来たる新年を迎えようとしている。
 明日から2007年。 今年1年の感謝の気持ちをこめて、瑞雪とともに皆さんのご多幸をお祈りします。 よいお年を……。

※ 写真は、3階の窓からのぞいた現在 (31日午前) の風景
※ 明日から 「北京メディアウオッチ」 に、リニューアルします。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 10:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
中国の茶文化
お茶を飲むことにつて中国でも習俗がある。 中国でお茶が用いられたてきた歴史はすでに四千年あまりになる。最初は薬用として、その後おかずとして食べた。歴史の流れに従い、お茶はだんだんと中国人が好む常用の飲み物になってきた。中国では茶の人口栽培に二千余年の
  • 中国茶@中国茶を飲んでみよう!
  • 2007/03/03 4:43 PM
中国人のお茶の好み
お茶の品種を比べると、日本のお茶は中国のお茶よりも少ない。だいたいは緑茶、紅茶、麦茶などであり、中でも多いのは緑茶で、主な産地は静岡県と京都の宇治である。 緑茶はさらに3種類に分類することが出来る。品質は最も良く、価格も最も高いには「玉露」と言う。一
  • 中国茶と中国よもやま話
  • 2007/03/17 2:47 PM
女性に人気の「伝統紅顔八宝茶」、当店一押し中国茶です
種類別で中国茶を探したい症状別で中国茶を探したい女性に人気の「伝統紅顔八宝茶」、当店一押し中国茶です。中国茶をもっと知りたい本格中国茶を手頃な値段で提供させていただきます。後から口の中に甘みが広がっていく「苦丁茶」へようこそ。中国...
  • 無料データバンク
  • 2007/03/19 9:22 PM
中国と日本のお茶の淹れ方
お茶は中国各民族の家庭生活を充実させたばかりでなく、同時に、客が訪れるたびに熱い中国のお茶を謹んで献上することも、また中国人民の伝統的な礼節でもある。 お茶の種類は多く、各地区各民族のお茶を飲む習慣はそれぞれ違うが、お茶で客をもてなすことは共通してい
  • 中国茶と中国よもやま話
  • 2007/03/29 5:26 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM