<< 日本ドラマ「白い巨塔」が好調! | main | 玉淵潭公園の桜に想う >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

高倉健さん、電影学院の客員教授に

 
 今年の正月映画 『単騎、千里を走る。』 (中国語原題:千里走単騎)で、中国の人々にも深い感動をあたえた主演の高倉健さん。中国語はひとことも話さなくとも、さすがは“大御所”ともいうべき存在感に圧倒されたが、なんとその健さんが、北京電影学院の客員教授として教壇に立つのだそうだ。

 若者に人気の地元紙 『北京青年報』(29日付) によれば、健さんは 4月19日(水)、『単騎、千里を走る。』 をテーマに、同学院の学生たちに映画の講義をするのだという。

 電影学院といえば、『千里走単騎』 の張芸謀(チャン・イーモウ)監督や、『無極/プロミス』 の陳凱歌(チェン・カイコー)監督らを輩出した中国随一の映画学校。この28日には日本の早稲田大学との提携で、同校に「北京電影学院早稲田大学共同研究室」が設けられ、それを記念して日本の篠田正浩監督が講義をしたのだという。
 これまでにも張芸謀監督、陳凱歌監督、そして今年のアカデミー賞で監督賞に選ばれた 『ブロークバック・マウンテン』 の李安(アン・リー)監督らが、客員教授として招かれている(なんて豪華な顔ぶれでしょう……)。

 同学院の張会軍学長は、「第一線で活躍する一流の監督らに客員教授になっていただくことは、当校のひとつの制度になっています」という自信たっぷりのコメントを寄せていたが、その自信も同学院がほこる歴史と成果に裏打ちされたものであるのだろう。

 さてさて――。
 じつは、物心ついたときには、健さんファンだった私…(マジで)。
 客員教授の教室にどうやって潜りこもうか、胸ときめかせながら対策を練っているところである。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 02:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM