<< 天壇公園 「祈年殿」 がリニューアル | main | 北朝鮮に米AP系支局のナゾ >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

端午節: 豪華チマキに問題チマキ

贈答用チマキ 明日31日は、旧暦5月5日の端午節 (端午の節句) だ。
 今から2000年あまり前、楚国の役人で詩人でもあった 屈原 が、他人の誹謗中傷にあい、官職を追われて、今の湖南省にある汨羅 (べきら) の河に身を投げた。 命日とされる5月5日には、大詩人を供養するため、チマキを河に投げ入れたり、竜船 (ペーロン) 競漕を行ったりするようになったといわれる。
 こうした慣わしから、この日は全国的にチマキを食べるようになったのだが、北京でも、数日前から贈答用のチマキが店頭に並びだした (写真上)。

ふつうのチマキ 今年の話題は、なんといっても 豪華チマキ
 赤飯ふうの小豆入りや 餡入り、焼き豚入りなど、ふつうのチマキは1個 2元前後 (1元は約15円、写真下) だが、今年登場したのが、アワビ入りフカヒレ入り超高級食材チマキ。 それが3個入って、さらに紹興酒1本とグラス2個がついた豪華セットで、お値段なんと169元!だそうだ (『新京報』)。 紹興酒とグラスを差し引いても、1個あたり数十元と、ふつうのチマキの10倍以上の高さである。
 話題性は十分なのだが、見ている限り、北京っ子たちの財布のヒモは固そうだ。

 品質不合格の 「問題チマキ」 としてこのほど、国家質検総局が公開したのが、チマキを包む笹の葉を、食品法上は違法となる 硫酸銅 入りの液体にひたし、人工的に青みをつけた 「返青粽葉」 (青色を還元した笹の葉) チマキなど。 なかでも著しい問題が発覚した北京東頤食品工場など全国 8社8種 のチマキは、不合格品として新聞などでも公開された。
 「返青粽葉」 チマキの葉は、煮立てると、湯があざやかな緑色になる。 正常な葉は薄黄色になるので注意が必要だと、国家質検総局では呼びかけている。


※ 人気の中国ブログを決定する 「ブログマラソン」 に参加中。
入賞は望みませんが、散々な結果では悲しいので、投票をお願いします!
1日1票 可能 (本人はできません)、9月30日まで。 コチラ からどうぞ。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 14:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
クーポンタンです。やっぱり、品質問題あったんですね。不合格品として公表するだけじゃあダメですよね。やっぱり、きっちり罰を与えなきゃ。なにせ、我々が口にするものなのですから。でも、これって、日ごろから粽はあぶないってことですかね。
  • クーポンタン
  • 2006/05/31 9:31 AM
クーポンタンさん、いつもコメントありがとうございます!
問題チマキは、硫酸銅のほか、違法な添加物の使用、大腸菌が検出されたものなどが、品質不合格であるとして、新聞報道されていました。少なくとも、異様に青い葉っぱのチマキは、避けたほうがよいのかもしれませんね。。。

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
中国茶を淹れる
日本でお茶を淹れるときは「お湯を沸かし茶を淹れる」と表現する場合が多い。中国でこの表現は有効なのだろうか?日本語の「湯」をyahoo翻訳で、日⇒中翻訳してみた。結果は「湯」⇒「熱水」となった。そうです、中国語には日本語の単語としての「湯」は違う意味になり
  • 中国茶@中国茶を飲んでみよう!
  • 2007/02/13 10:28 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM