<< 北朝鮮に米AP系支局のナゾ | main | あの日から17年… >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

のど自慢 王者のバー開店祝って熱唱

馬立南さん 覚えておいでの方も、多いだろう。 今から4年前の秋、北京で公開生中継されたNHK 「のど自慢」 で、チャンピオンの座を獲得した馬立南 (マー・リーナン) さんのことを…… (写真、上)
 吉林省出身のれっきとした?中国の人ながら、日本語によるすばらしい歌声に、会場も、お茶の間の視聴者も、うっとりと聞きほれたものだった。

北京歌の会 その彼が北京市内に 「Bar Hidariuma」 (バー左馬) をオープンしたのを機に、歌好きが集まって、美声でこれを祝福しようという会が2日夜、行われた (写真、中)
 会場はもちろん 「Bar Hidariuma」。 市内東部、外資系企業が集まるオフィスビル 「SOHO現代城」 の11階だ。 スタートの夜7時前に到着すると、ワイドな展望窓からは、車のライトが帯になった夕暮れどきの街が見えた。

 幹事であり、進行役でもある北京大学留学生の高邑勉 (たかむらつとむ) さんが、手際よく会を進める。 なんでも、彼が幹事を務める 歌好きの集まり 「北京歌の会」 第3回の開催をかねているらしい。
 私は会員ではなかったのだが、歌はもともと嫌いではない。 「のど自慢 in 北京」 だって、中国の同僚たちとチャレンジしたが、2回戦敗退という苦杯をなめたほどである!? まあ、それには深いワケがあるのだが? 別の機会にゆずることとして……。
高邑さんと馬さん 高邑さんの名司会で (写真、下) 、馬さんが歌ってくれたのが、小田和正の 「ラブ・ストーリーは突然に」。 そして堀内孝雄の 「恋唄綴り」
 せつせつと情感をこめて歌い上げる、馬さんの美声は健在だった。

  「これまで、どこにいたの? 何していたの?」 と馴れ馴れしく、聞いてみることにする。
 すると――馬さんは吉林市出身で、現在32歳。 2年の日本留学を終えて、帰国してすぐ 「のど自慢」 に出場し、チャンピオンに燦然と輝いた。 その後、支援者もあって、プロの歌手を目指して日本に赴いたのだが 「やっぱり、うまくいかなくて…」 帰国、今年5月1日にバーをオープンしたのだそうだ。

  「この店、本当はカラオケを置いていないんです。 今日は特別。 お客さんは静かなムードを好むでしょう。 だからふだんは、ジャズをかけているんですよ」 と馬さん。 でも、あなたの歌を聴きたい人もいるのでは? 「様子をみて、チャンスがあれば……」
 謙虚なものごし、丁寧な日本語に、日本でも相当な苦労をしたことが窺われる。 紆余曲折があったのだろうが、今はバーのオーナーとして、日本人スタッフ数人と切り盛りしている姿をみると、無性に応援したくなる (それに、なかなかのイケメンだしって、違うか……)。

 会場では、企業派遣の駐在員や留学生らによる熱唱がとぎれることはなかった。 さすがは 「歌の会」 である。 ORANGE RANGE、BOWY、小室哲哉、一青窈……。 日中合わせて40人以上に膨れ上がった出席者の熱気に、私はすっかり押され気味だった。 みんな歌がうますぎた。 それと私が、新しい歌を知らなさすぎた〜

 一緒に参加した美女の xiaomi さんが、ささやいた。 「みんな、インターネットラジオとかで、練習しているらしいですよ。 駐在員さんたちは、日中双方の接待用に、日本の新しい歌も、中国の歌も知らなければならないから、大変だって」
 私のパソコン、なぜか日本のラジオが入らない。 北京に5年いることのブランクは、こういうところに表れる。 馬さん、特別レッスンしてくれないかな……。 知らない歌をシャワーのように浴びながら、そんな都合のよいことだけを考えていた。

Bar Hidariuma
北京市建国路88号 SOHO現代城 A座1107
(地下鉄1号線 「大望路」 下車)
TEL: (010) 8580−6880
6:00pm〜2:00am

※ ちなみに、「左馬」 とは、「馬」 の字が逆さに書かれている将棋駒のこと。 福を招く商売繁盛の守り駒であり、贈り物にもなるのだそうです。

※ 人気の中国ブログを決定する 「ブログマラソン」 に参加中。 投票をぜひお願いします! コチラ からどうぞ (←かなりの執着)。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 10:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
なぬなぬ!のど自慢にも参加してたとは(驚) 数日前のブログでは「あら今日のしゃおりん壊れぎみ(笑)」と思ったら・・・ん〜なかなかつかみ所がなくて益々興味深いなぁ!!  
  • 兎子
  • 2006/06/03 10:03 PM
ふふふ、そうなのです。ワタクシ、つかみ所のない女なんです!(自分のなかでは統一とれてんですけどね)。

ちなみに、のど自慢は、2回戦敗退ですけど、しっかりBSの特番に出て、コメントまでしているんですよ。なのに、2回戦敗退!!
この世は無常だったのでした、、、
しゃおりんさんこんにちは!
先日は歌の会でお話できて楽しかったです。
トラックバックさせていただきました。
今度は北京ブロガー会にもぜひ参加くださいね〜
じゃんすさん、コメントありがとうございます!
じつは私、じゃんすさんのブログ、いつも拝読していますのに「歌の会」ではなんだか結びつかなくて……。大変失礼いたしました。
北京ブロガー会はもちろん、GREEも一応?スタートしましたので、よろしくお願いいたします!
これからもブログ、楽しみにしています!

じゃんすさんのブログはこちら↓
「じゃんす的北京好日子」
http://plaza.rakuten.co.jp/jiangsi/
馬立南くんの記事を見ました、彼とは、福岡にいた時一緒に働いていました〜、すごく懐かしい、できれば彼の連絡先を知りたいです、僕も北京のお店に行きたいと思います
  • なおき
  • 2007/08/31 4:33 PM
なおき様、コメントありがとうございます。
じつは先日、馬さんの店をのぞいたら、閉まっていました。5月には1周年を迎えたばかりだったのに・・・。引っ越しをされたようです。新しい店がオープンしたら、連絡があると思うので、そうしたらまた拙ブログでもご紹介したいと思います。

→現在の拙ブログ「北京メディアウオッチ」
http://pekin-media.jugem.jp/

よろしくお願いいたします。
馬くん頑張っている見たいですね。ブログ
拝見しました。体調管理は大事ですよ!!
  • 森弘志
  • 2008/07/10 4:27 PM
森弘志さま、ありがとうございます。
馬さん、新しいお店でも頑張っておられるようですね。最近は、なかなか行くことができなくて、申し訳なく思っています。
また、馬さんの歌を聴きたいな〜〜♪♪
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
北京歌の会@BarHidariuma
Tさんにお誘いいただき、「北京歌の会」に参加してきました。会場は現代城に新しくオープンしたバー「Hidariuma」です。バーのオープニングも兼ねていたような感じのパーティーでした。この「北京歌の会」ですが、ルーツは「NHKのど自慢」にあるそうです。NHKのど自慢は
  • じゃんす的北京好日子
  • 2006/06/05 6:31 PM
プラスチック駒(上製)
他のみなさんも書いていますが、丈夫で気軽に使えるのがプラ駒の良いところですね。字の部分は彫って…というか窪んで作られているので使っているうちに字が擦れて消えてしまう心配もありません。木の駒に字を印刷して作っている安めの駒よりもこちらの方がお勧めです。
  • 将棋の極意
  • 2007/08/21 1:55 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM