<< 胡同に魅せられて | main | 〈W杯〉 「ジーコ監督にメンツ与えず」 >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

青蔵鉄道7月1日運行へ

青蔵鉄道運行へ  標高5000メートル超の 〈世界の屋根〉 を走る青蔵 (青海省―チベット自治区) 鉄道が7月1日、営業試運転を開始する。 これにより、北京、上海、広州、成都、西寧などの都市と、チベット自治区の区都・ラサ間の直通列車が開通し、〈世界一標高の高い〉 列車の旅がスタートすることになる。

 中国各紙によれば、青蔵鉄道の終着駅・ ラサ駅 (標高約3600メートル) がこのほど完工し、 高山病対策としてエレベーターが設置されたほか、環境保護のために太陽エネルギーによる暖房設備が整えられた。 7月1日の運行に向けて、10日前からチケット予約が始まったほか、チベット語がいくらか話せる乗務員の養成なども進められている。

 車両は、16両 (硬座4、硬臥8、軟臥2、食堂車1、空調電機1) 編成。 すべての座席に酸素吸引パイプが設けられ、軟臥 (なんが) 車両のベッドにはそれぞれ液晶テレビが設置されたという。
 旅の見どころは、「青い海」 と呼ばれる中国最大の塩水湖・青海湖、万年雪をいだいたタングラ山の主峰、希少動物のチベットレイヨウが群れをなして走るココシリ自然保護区など。 青蔵鉄道の関係者の話によれば、鉄道の開通により、例年比40万人増の観光客が見込まれる。 地元に多大な観光収入をもたらすと期待されるいっぽう、環境破壊や生態への影響などの問題も指摘されている。

北京―ラサ往復 (9泊10日) 硬臥=4980元、軟臥=5580元 (中国鉄道旅行社)

※ 「ブログマラソン」、おかげさまで100票突破!ありがとうございます! 1日1票コチラ から。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 10:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
中華人民共和国 - 青海省旅行トラベル口コミ情報
青海省(せいかいしょう、チンハイ・シェン)は、中華人民共和国の西部に位置する省級行政区のひとつ。省都は西寧(チベット名はシリン)。1928年に青海省成立。省名は、省内に国内最大の湖沼である青海湖(チベット名ツォティショギャルモ、モンゴル名フフノール)があ
  • 中華人民共和国 - 青海省旅行トラベル口コミ情報
  • 2007/06/08 7:27 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM