<< バーベキューに50人が集う | main | 日本人が開設、中国ロックの情報サイト >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

北京で モネからピカソまで

モネからピカソまで 「芸術の秋」 にはちょっと早いが、モネ、ルノワール、ゴッホ、ピカソなどの世界の名画や近代彫刻の 〈ほんまもん〉 が、北京で鑑賞できるというので、さっそく出かけた。
 市内西部の 「中華世紀壇世界芸術館」 で、8月27日まで開催中の 「モネからピカソまで――米クリーブランド美術館所蔵 印象派〜現代派傑作展」 だ。

 会場は、夏休みとあって学生のグループや親子連れの姿がめだったが、美術ファンが多いのだろう。 イヤホンガイドを片手に整然と流れていくので、静かに鑑賞するには、もってこいの雰囲気だった。
 なにしろ、その展示作品の充実ぶりには驚いた。
 ゴッホの 「サンレミの白楊(ポプラ)」 (1889年) は、中央に描かれた2本の白楊が、青空に向かってすっくと伸びている。 燃えるような黄色い葉っぱと、バックのが対照的だ。 絵の具を塗りかさねて質感をだした独特のタッチが、なんともいえず力強い。
チケット・パンフ ゴーギャンの 「波間にて」 (1889年) は、エメラルドグリーンの波にたわむれる赤毛の裸婦が、画面いっぱいの大胆な構図で描かれている。 波に抱かれた、肉感的な女性の歓声が聞こえるようだ。 ルノワールやゴッホらの印象派とは一線をかくした鮮やかな色彩が、彼のあこがれた 「原始 (プリミティブ) 主義」 を主張しているのだろう。

 時代は下って、20世紀絵画の巨匠、ピカソの作品が 「ファン、ソルトボックス、メロン」 (1909年)。 中国語では 「扇子、塩入れ、マクワウリ」 と訳されていたが、いずれにしても、よくわからない “キュビズム” の静物画である。 まだ若いころで、晩年の 「黒の時代」 の作品ではないはずなのだが、画面が暗く、テーブルのカットメロンがちっともおいしそうじゃない。 中国語のパンフレットによれば 「早期立体派 (キュビズム) 作品の代表作」 とのことだが、美に昇華されるまでは、ピカソも模索していたということか。

 とまあ、1枚1枚が重量感タップリ。 いずれも大関から横綱級の名作だろう。
 仕事の合間をぬって訪れた日本からの客人も、「これだけ豊かなコレクションは、日本でも未公開では?」 と嘆息していた。 ちなみに客人は 「スペイン近代絵画」 に明るく、美術史についても ド素人 の私より、はるかに詳しい。
 「目で見たもの (写実) から、心で見たもの (印象派)、さらに心で感じたもの (現代絵画)へと変遷を遂げる。 時代を追って、どう影響を与えたかを調べても面白い」 という。 なるほど、なるほど。 勉強不足をあらためて実感するのみである。

 ところで中国は近年、文化の普及にとくに力を入れている。 今年の北京だけをとってみても、年初からの 「イタリア・ルネッサンス芸術展」、「中国・ロシア友好年」の各種公演会、「大英博物館展」、「メキシコ古文明展」 などが開かれている。 「ルネッサンス展」 にも足を運んだが、ダ・ヴィンチのモノホンの素描があって、見応えがあった。
 これも、「人文五輪」 をスローガンのひとつに掲げる、2008年オリンピックへの布石なのか? いずれにしても、世界の名作・名演が、首都の北京に集まることは大歓迎。 そのうち中国の経済力に任せて、「世界の美術なら北京へ」 なんて日が訪れるのかもしれないな。

※ 「モネからピカソまで」 は8月27日まで、中華世紀壇世界芸術館で。 入場料:大人1枚50元 (月曜・学生・シルバー割引あり)
※ 同展は、「クリーブランド美術館展」 として日本でも開催されます。 9月9日〜11月26日、東京・六本木ヒルズ森タワー 「森アーツセンターギャラリー」 で。

※ 「ブログマラソン」 も一応やっております。 あなたの 1日1票コチラ から。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 01:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM