<< ドアを蹴飛ばした私 | main | 周星馳の新作は SFコメディーに >>

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

【閏七月】 狂犬病と寄生虫に注意を

福寿螺-1 今日から暦は、「閏七月」。 今年は、旧暦7月の閏月がある年で、来月下旬までの29日間がそれにあたる。
 太陽暦とは異なり、月の満ち欠けを基準とした旧暦は、実際の1年よりも11日ほど短くなるため、約3年に1度 (正確には19年に7度)、閏月を設けたのだそうだ。 この夏は2回の七夕があるために (7月31日と8月30日)、「縁起がいい」 と結婚式を挙げる人も多いという。

 そんなロマンチックな閏月の始まりなのだが、最近の北京では、なんとも薄気味悪いニュースがつづいている。
 その1が、狂犬病だ。 北京市衛生局によると、市内では今年前半、5人狂犬病感染例が報告された。 昨年は年間でわずか2人だった。 狂犬病の診察を受けた人も、今年前半は約6万9000人と、昨年同期比2万人の増加となった。 北京市では現在、市内に277カ所の狂犬病予防接種ポイントを設け、ペットへの予防接種の徹底をはかっている。
 経済的に豊かになった北京では、空前のペットブームを迎えている。 地元紙によると、これまでにペットとして登録された犬の数は55万匹あまりで、昨年比9万匹と大幅に増加している。

 感染症予防接種の案内は、以下をご参照のこと。
 北京市疾病予防控制中心 オフィシャルサイト
 厚生労働省検疫所 感染症情報ホームページ
 外務省 海外安全ホームページ

 その2が、寄生虫だ。 北京市衛生局がこのほど発表したところによると、市内で食用貝の福寿螺 (スクミリンゴガイ、俗称・ジャンボタニシ) を食べたことによる寄生虫病 「広州管円線虫病」 の患者が23日午後7時現在、87人に上ることがわかった。 いずれも発病の2〜4週間前に、四川料理レストラン 「北京蜀国演義酒楼」 の黄寺店と、ジン松店 (※) で福寿螺あえ物を食べており、そのうち16人が重体となっている。
福寿螺-2 地元紙によれば、広州管円線虫病は、淡水に生息する貝やエビ、カニなどに寄生する線虫の一種によって引き起こされる寄生虫病。 頭痛、めまい、発熱、首や肩のこり、顔面神経麻痺などの症状があり、重症になると認知症 (痴呆症) などをきたし、死亡する場合もある。
 北京市食品安全弁公室はこれまでに、市内の市場やスーパー、レストランに対して、福寿螺の取り引きや加工を一切禁止する通達をだした。 違反者には最高で3万元 (1元は約15円) の罰金が科されるという。
 北京市衛生監督所の郭子侠・副所長らは、「福寿螺90度以上2、3分加熱すれば安全に食べられるが、高熱や頭痛などの症状が現れた場合は、ただちに病院で診察を受けること」 と呼びかけている。

 二十四節気の 「処暑」 もすぎて、暑さもだいぶやわらいできた。 食欲の秋、行楽の秋と、北京は1年でもっともよい季節を迎えるが、狂犬病寄生虫にはくれぐれも注意したい今年の閏七月である。

 広州管円線虫病の最新情報は、以下をご参照のこと。
 北京衛生監督網 オフィシャルサイト

※ 「ジン」の漢字表記は、「ス」 の下に 「エ」、つくりが 「力」。
※ 「ブログマラソン」、あなたの 1日1票 コチラ から。

スポンサーサイト

  • 2011.06.10 Friday
  • -
  • 06:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
日本は島国のため狂犬病の発症自体が長期にゼロなのですが、大陸では最も恐ろしい病気の一つです。噛まれた直後に血清を打たない限り、致死率100%だったと思います。
ご紹介のサイトにはこうあります。
中国全土では7月に307人が発病、237人が死亡。雲南省のある県では5万頭の犬を捕殺。
様子が怪しい犬には絶対に近づかないことですね。
  • 2006/08/24 8:27 AM
補足・加筆説明、ありがとうございます!
ついでながら、私も補足させていただきます。
「狂犬病とは犬に限らず、猫、アライグマ、スカンク、狐、ハムスター、リス、コウモリ等にも感染します。
感染した動物に噛まれて人間に感染した場合、潜伏期間は、20〜60日程度で、発病した場合は100%死亡します。人から人へは感染しません」とのこと。
これは、昨年9月の段階で、在中国日本大使館がメールマガジンで発信した情報です。
噛まれても、予防接種を受ければ発病しないそうなので、動揺せずにただちに病院へ行くことが大切でしょう。現に、私の日本人の知り合いで、予防接種を受けていた人が何人かおりました。
万一、噛まれたら「まず洗う。傷口を口で吸い出してはならない」そうです。
日ごろの対策としては、青空市場で動物を購入しない、具合の悪そうな動物にはさわらないこと。私は、動物が好きなのですが、「かわいいな」と思っても、さわらないようにしています。中国にいらっしゃる皆さん、お互いに気をつけましょう!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM